マイスリーに依存しないためには

このサイトでは、マイスリーなどの睡眠薬に依存しないためのポイントとなる食事や飲み物、生活習慣の見直しなどを通して、辛い不眠から抜け出すための方法を出来るだけたくさんご紹介していけたらと思います。つらい不眠症や薬の副作用から解放されるきっかけになれれば幸いです。

マイスリーに依存しないために毎日の食事は重要

Posted on in 未分類

現代は仕事で長時間パソコンやタブレットを使用していたり、自宅でもテレビやゲームを楽しんでいる人が多く、交感神経が活発化してしまうため、寝つきの悪さに悩んでいる人が大勢おられます。

睡眠障害が長く続くと、集中力や気力、記憶力が低下する原因になりますし、家事や仕事に悪影響が出てしまい、悩んでいる人が少なくありません。

専門機関を受診してマイスリーやハルシオンのような睡眠薬を処方してもらう場合もあるでしょう。

睡眠障害を改善するためには、寝室の環境を整えたり、過度なストレスを溜めないことも大事ですが、毎日の食生活は大変重要になってきます。

朝は食欲がない人が多いですし、ダイエットのために食べない人が多いですが、朝食を抜いてしまうと、昼や夜に食べ過ぎる傾向があります。

朝食は少ない量でも食べるように心掛けて、昼間はしっかりと、夕食は軽めにすると良いでしょう。

ご飯やパンなどの炭水化物は人体に欠かせないですが、白いお米やパンよりも、玄米や雑穀米、胚芽パンなどのビタミンやミネラル成分を豊富に含んでいる主食を選んで下さい。

緑黄色野菜や果物、海藻類、脂身の少ない肉類やレバー、魚介類、大豆食品などをバランスよく食べる必要があります。

カルシウムは不足しやすい栄養素のひとつですが、不足すると精神的にイライラしやすくなるため、小魚や牛乳、ヨーグルトなどで補うと、心身を安定させる働きがあります。

緑茶やコーヒーなどのカフェインを含んでいる飲料は、集中力や気力を向上させる働きがありますが、寝つきが悪くなる原因になってしまうため、なるべく控えるようにして、ルイボスティーやたんぽぽ茶、ハーブティーなどを飲むようにして下さい。

秋冬の寒い時期になると、冷え性の人は寝つきにくくなる人が多いですが、蜂蜜やオリゴ糖を加えたホットミルクを就寝前に飲むと良いでしょう。

ホットミルクには、体を温めて心身をリラックスさせる働きがあります。

睡眠障害を改善するためには、体を温める玉ねぎやにんにく、ニラなどの野菜もお勧めしたいです。

ストレスや疲れによる睡眠障害をヨガで改善

Posted on in 未分類

なかなか眠れない、夜中に目が覚める、そんな症状はないでしょうか。

眠れないとストレスや疲れが蓄積して、頭痛やめまい、食欲低下につながります。

私たちが眠るのは、脳を休息させるためだといわれています。

人は人生の3分の1もの時間を寝て過ごし、その間にレム睡眠とノンレム睡眠という2つの睡眠リズムを繰り返しています。
ストレスによってリズムが崩れると、快適な睡眠が得られません。

結果的にはマイスリーやハルシオンのような睡眠薬に頼る生活になってしまうかもしれません。

そんなときにオススメなのがヨガです。

ヨガは、深い呼吸をしながらゆっくりとポーズをとる運動です。
国内にたくさんの教室があり、初心者から上級者までレベルに合わせて通うことができます。

また、本やDVDでやり方を覚えれば、家で一人ですることもできます。

ゆっくりと筋肉を伸ばすことで血行が促進、冷えやむくみを改善することができるので、結果的に質の良い睡眠を得ることができます。

また、ストレッチ効果だけでなく精神的な落ち着きをもたらしてくれるので、ストレスを減少することができます。
今はまだ体がかたくても、続けるうちに無理なくポーズをとることができます。

ただ、ヨガだけ行えば睡眠障害が完璧に改善するということはありません。

眠る前にテレビやパソコンをだらだら見てしまう、そんな習慣はないでしょうか。
眠る前にテレビを見ることは覚醒効果があり、なかなか眠れない原因になります。

少なくとも眠る1時間前にはテレビを消すとよいでしょう。

眠りの妨げになる原因を減らしながらヨガを続けていけば、自分の心地よいライフスタイルを確立することができます。
急に変わることは大変なので「どうしても眠らなければ」と思いすぎず、まずは出来ること1つに挑戦してみましょう。

ゆっくりとポーズをとるヨガは、大きな負担にならないので最適です。

現代のライフスタイルは、パソコン・テレビ・ゲーム・スマホなどが不可欠で、不眠につながりやすい環境です。

ヨガにより、睡眠に重要とされる神経伝達物質セロトニンの量が増加させて、安眠生活を手に入れましょう。

[Top]

マイスリーに依存しないための生活習慣を知ろう

Posted on in 未分類

現代は中高年以降の人だけでなく、若い年代の人も寝つきが悪いなどの睡眠障害で悩んでいる人が大勢おられます。

睡眠障害を予防したり、改善するためには規則正しい生活を心掛ける必要があります。

朝は食欲がない人が多いため、朝食を抜いてしまう人が多いですが、昼食や夕食を食べすぎる傾向があるため、食欲がない時でも野菜ジュースやサラダぐらいは食べたほうが良いでしょう。

特に夕食を食べすぎてしまうと、胃腸の働きが活発になってしまい、寝つきが悪くなってしまうので、夕食は軽めしておく必要があります。

ビタミンB群やカルシウム、亜鉛などのミネラル成分を多く含んでいる食品を食べるようにしたり、血流を促進するビタミンEやビタミンCのサプリメントを補うのもお勧めしたいです。

慢性的な不眠に悩まされている人は、マイスリーなどの睡眠導入剤を服用している人が多いですが、長期的な服用は副作用などが心配な人がほとんどです。

なるべく自然に眠れるように、生活環境を整える必要があります。

特に寝室の環境には十分に気を配る必要がありますが、部屋の温度が高すぎたり、低すぎると眠りが浅くなってしまいます。

部屋の湿度は一年間を通して50パーセント前後にしておいたり、部屋の照明が明るすぎないか、確認をしておく必要があります。

現代は省エネで環境に優しいLEDを使用した間接照明が数多く販売されていますから、じっくりと比較してから選ぶと失敗が少ないです。

入浴後は喉が渇いてしまう人が多いですが、カフェインを含んでいる飲料は避けて、ホットミルクや水素水、温かいハーブティーなどを飲むと良いでしょう。

入浴後すぐよりも30分から40分ぐらいして、体温が下がってきた時は、寝つきやすいので、体を締め付けない下着類やパジャマを着用して、床に着くと眠りやすくなります。

現代は夜型の生活をしている人が増えていますが、睡眠のリズムが乱れてしまうため、早寝早起きの習慣を付ける必要があります。

[Top]

マイスリーに依存しないための対策法

Posted on in 未分類

睡眠障害の主な原因は心理的原因、身体的原因、生活環境による原因、精神疾患による原因、薬物などによる原因と大きく分かれています。

心理的原因では物事の大小に関わらず、近しい人の死や仕事、人間関係の問題など心の不安、悩みなどが原因で起こります。

心理的原因の場合は問題点が分かるだけでも対策がとれます。
専門機関への相談、専門医への受診などで症状を回復、軽減させることができるでしょう。

身体的原因の場合も病気による苦痛で眠れない、何度も起きてしまうなど、こちらに関しても専門医やかかりつけ医に受診、相談することで症状を軽減できます。

生活環境の変化による原因の場合は、例えば時差ボケ、転居、夜勤、受験など通常とは違う環境によって起こります。
こちらに関しては環境に慣れていくことが大切ですが、無理せず睡眠環境を整えることからはじめると良いでしょう。

精神疾患による原因では専門医に受診し、適切な治療をしましょう。

薬物などによる原因はアルコール、過度なカフェインの飲酒や服用中の薬が原因で起こります。
こちらに関しても専門医に受診し、適切な治療をしましょう。

このように睡眠障害は原因とその問題になっていることが分かるだけでもかなりの症状の軽減、回復へと向かいます。

まずは何が原因で睡眠障害になっているのかを見つけましょう。
そして、どのような睡眠障害の症状なのかも知っておきましょう。

30分以上眠れない、何度も起きてしまう、早く起きてしまうなど症状によっても対策が変わります。

生活環境を整えたり、専門機関に相談したり、職場の変更や人間関係を変えるだけでも回復する場合がありますので、問題点を見つけ、自分自身で対策しケアすることもできます。

いずれの原因にしても主にストレスが原因となります。

マイスリーやハルシオンなどの睡眠薬に依存しないためにも、日頃からセルフケアとして本を読んだり、リラックスする時間を設けたり、何かに集中する時間を設けウォーキングなど適度な運動をするなど対策をしておきましょう。

[Top]

私が悩み続けた睡眠障害とその対処法

Posted on in 未分類

私は社会人になった頃から睡眠障害で悩まされていました。

最初はただ単に眠りにつきにくい性質なのだろう、それ程疲れていないのだろうと思っていました。

ただやはり眠れないというのは体力がドンドン低下して行ってしまう原因にもなる為、私は誰にも相談する事も出来ずに一人で悩んでいた事があります。

そんな時にちょうど風邪を引いて病院で診てもらう事になりました。

以前から診察してもらっている病院に行ったのですが、何気なく眠る事が出来ないという事を伝えた所、もしかしたら睡眠障害かもしれない、と言う事を言われました。

そこで別の病院を紹介してもらって調べてもらった所、やはり言われた通り睡眠障害だ、と言う診断がおりたのでした。

ただ私自身は障害と言う単語があったのですごく症状的にも心配する必要があるのではないかと思ってしまう程でしたが、実はそれ程心配する必要は無いという事でした。

まずは自分の生活リズムを改善する事、さらに過度なストレスを感じている状態なので上手に発散する事等が指導されました。

診断がおりると必ずマイスリーなどの投薬となると思っていた私は、実は拍子抜けしてしまった程です。

そこで私は生活のリズムを整えながら、定期的に病院に通う事になりました。

症状が悪化してきたら投薬となるという事だったので、出来るだけ今よりも悪くしないという事を意識して生活していたのを覚えています。

特に注意したのが睡眠時間の確保でした。
それまでは眠る事が出来ないのだから何をしていても良いとすら思っていました。

ただそうではなく、眠る事が出来なかったとしても体を横にしておく事はとても重要だ、と思う様にして、なるべく早い時間にふとんの中に入る事にしました。

仕事上のストレス等はやはりどうしようもない所があり、多分全く軽減する事は出来ていなかったと思います。

しかし自分の為に意識的に時間を使ったり、こまめに休憩を取る、自分を追い詰めないという事等を行う様になってから、少しずつ眠る事が出来るようになりました。

まだ今でも1週間に1日程度はどうしても眠りにくくて困ってしまうという事もありますが、以前に比べればかなり良い状態になっています。

[Top]

マイスリーに頼らなくても考え方次第で楽になります

Posted on in 未分類

寝なければいけない、寝なければいけないと強く思うほどに、焦り、時計の音が大きく聞こえ、そして朝起きられない自分に絶望します。

布団に入って4時間経った、新聞配達の音がするなどが気になり、さらに悪循環するという睡眠障害を患っています。

睡眠障害はそれだけではありません。
私は仕事をしていますが仕事で追いつめられたり、辛くなった時など、仕事中にも関わらず耐え難い、殺人的な眠気に襲われるんです。

医師に聞くと、セロトニン不足と言われました。
幸福物質が足りていないようです。

夜眠れていても、幸福物質が足りないのでエネルギー不足になり、日中眠くて眠くてたまらない、これも睡眠障害のうちの1つです。

立ち仕事の接客業をしていた時、相当追いつめられていたんでしょう。
一人で店内にいる時、私は立ったまま寝ていました。

立ったまま眠り、でも仕事をしなきゃと思うから歩き、ドアにぶつかり、鏡にぶつかりるなど多々ありました。
お客様からしたら異様な光景だったと思います。

でもとある仲のいい人に相談したところ、そんなのただのわがままだ、社会人は辛くても眠くて仕方なくても、寝られなくても仕事をしているんだ、甘えすぎだよと言われました。

この辛さは味わったことがない人には分からないことですが、確かに誰もが同じ状況で働いているんだと思った時、気がすごく楽になりました。

そんなに重く受け止めなくていい、自分は自分、人は人という大きな視野で見ると意外と自分の悩みは小さなものなのかなと思うようになりました。

病は気からとは言います。
クヨクヨ考えるとそのままネガティブなことが実現してしまったりといいことはありません。

最終的にはマイスリーなどの睡眠薬に依存しなければならない生活になってしまうかもしれません。

そうはならないために人は前向きに考えることが自分にとってプラスになることだと本能的に理解しているのだと思いました。

しかし、睡眠障害はすぐに直るものではありません。
しかし、周りに相談できる人がいるということはその時点でプラスであることです。

あまり深く考えず気楽に構えることが大事です。

[Top]

マイスリーを使った睡眠障害対策を行いました

Posted on in 未分類

仕事で大きなストレスを抱えてしまい眠れなくなってしまったことがあります。

何日もしっかりと眠ることができず、やっと眠れたかなと思ってもすぐに目が覚めてしまうのです。

その当時、仕事の人間関係に悩んでいました。
また朝になったら仕事に行かなければ行けないと思うと不安な気持ちでいっぱいでした。

そんな悪い精神状態が続いてしまったのも私が睡眠障害になってしまった原因だと思います。

早く病院に行って治療を行えばよかったのですが、病院に足を運びドクターに相談する勇気がありませんでした。
そのため、睡眠障害の症状を数週間も放置してしまったのです。

それは大きな間違いだったと気づくまでには時間はかかりませんでした。
眠れなくなってから数週間経つと食欲が落ち集中力もなくなりました。

顔色がいつも悪かったので、周りの人に心配されるほど体はSOSを出していたと思います。
このままではマズイかもしれないと思い、病院できちんと治療を行うことにしました。

そこで医師に告げられたのは、ストレスによる入眠障害です。

睡眠障害の一種となっており、適切な治療を行うことが大切だということを知ったのです。
私は、カウンセリングと睡眠薬で治療を行いました。

実際に自分が睡眠薬を飲むまではマイナスのイメージしかなく、飲むことに抵抗があったというのが本音です。
睡眠薬を飲んでしまうと、もう二度と睡眠薬を手放せなくなってしまうのではないかなどの心配もありました。

しかし、ドクターによれば、睡眠薬は睡眠障害の強い味方になってくれるとのことです。
飲み方や使用方法を守ることは大切ですが、正しく利用すれば体に害はないということが分かりました。

私は、自分の体に負担をかけたくなかったので、作用時間が短い弱いマイスリーという睡眠薬を処方してもらいました。
なかには、作用時間が長い睡眠薬もあるそうですが、私は短時間作用型のマイスリーでも大丈夫でした。

でも、インターネットで調べてみると服用期間が長くなるにつれ幻覚や幻聴の他に夢遊病や依存症などの副作用もでてくるようなので、なるべくなら早く服用をやめたいです。

[Top]

プロのドクターに相談した睡眠障害

Posted on in 未分類

睡眠障害になってしまうと毎日を快適に過ごすことができません。

私も数年前、何ヶ月も不眠症に悩まされた経験があります。

たっぷり寝たいのに寝られない辛さは、経験者しか分からないかもしれません。

夜になることに対して恐怖心しかなく、朝の光を浴びても一日を快適に過ごすことができないのです。

眠れなくなってしまったことで、仕事の集中力も下がってしまっていました。

そのため、仕事もミスの連発です。

上司や同僚からの信頼も亡くなりかけていた頃、ふと見たテレビの情報番組で睡眠障害の特集を目にすることがありました。

その情報番組を見てみると私と同じような睡眠障害に悩んでいる人は、とても多いということを知りました。
このような眠れないなどの症状に悩まされてしまっている方は、様々な対策法を試しています。

例えば、適度な運動をしたり入浴法を変えたりアロマを利用するなどの対策法です。
また、サプリメントや薬を使用して対策している方もいました。

様々な対策法があるということが分かりましたが、私はしっかり効果を実感したかったのと安全性の高い対策法を行いたかったため、睡眠科のあるクリニックで治療を行うことにしました。

実際に睡眠科に通っている方の口コミをチェックしてみたところ、高評価の意見が多かったのもクリニックに通って治療を行おうと思った理由です。

睡眠障害は、一般の内科医院でも治療を行えるそうですが、医師に睡眠薬の知識が不足していたり、利益優先でマイスリー等の睡眠薬をどんどん処方する病院もあるそうなので気をつけなければなりません。

私は薬の副作用などに悩まされたくなかったので迷わず睡眠科のあるクリニックを選びました。

 

 
その判断は正解だったようです。
自分の睡眠障害の原因を知ることができ、適切な治療を行えたからです。

 

 
なかには、睡眠医学の分野に詳しい認定医もいるので、信頼度の高いドクターに治療を行ってもらいたいなら認定医の力に頼ることもベストだと思いました。

 

 
現在のところ400名以上もの認定医がいるそうなので、また辛い睡眠の症状に悩んだ時は認定医の力に頼りたいと思っています。

[Top]

睡眠障害を軽減するには生活習慣の見直しから

Posted on in 未分類

睡眠障害とは、睡眠に関する病気をまとめたことをいいます。

睡眠障害の中でも、睡眠時無呼吸症候群は自分で自覚のない方が多い障害です。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に喉の気道が周囲の組織に圧迫されて呼吸が止まることです。
肥満の方や下顎の小さい方や脳からの呼吸に関する命令の乱れ等が原因とされています。

睡眠時無呼吸症候群を改善しなければ、高血圧や心筋梗塞の原因になったり重病化する恐れもあります。

生活環境を180度すぐに変えることはできませんので、生活習慣の中から少しずつ改善していくことが大切です。

しかし生活習慣の何が悪いのかどのくらい減らせばいいのかという目安がわからない方も多いので、まずは食事やお酒の量、運動の量などを1週間記録として残していきます。

そうすると大体の量がわかってきますのでその量をまずは3分の1でも、4分の1でも減らすことを目標にします。
1日の摂取量の上限を決めることで意識的にも飲みすぎたなという感覚ができますので、その量になれるまで続けます。

慣れてきたらまたその量を3分の1減らして行くというふうに時間はかかりますが徐々に慣らしていくと、肥満の解消にもなり睡眠時無呼吸症候群の改善へとつながります。

お酒を飲まないと寝られなかったという方でも今までよりは少しの量で眠れるようになれば、眠りの質も改善されますので翌日の体調にも変化が出て、体を動かすことも苦にならなくなります。

生活習慣を少し変えるだけでも体調の変化があれば今までよりも活発に動くようになります。

まずは眠りの妨げとなっている要因の根源を見つけてそれを時間をかけて改善することが大切です。

生活習慣は若い頃から身に付いたものなので体の衰えがでててもお医者様に言われたり、健康診断で引っかかったという時にしか改善しないものです。

生活習慣の乱れからくる睡眠障害から、マイスリーなどの睡眠薬に依存するケースも少なくありません。

若いうちから正しい生活習慣で生活することで年齢を重ねても睡眠障害や健康についての悩みは軽減できます。
日頃からの生活習慣を今からでも考えてみてください。

[Top]

必ずしもマイスリーが必要なわけではない

Posted on in 体験談

私は、不眠症の睡眠障害に悩まされていました。
体は、疲れているのになかなか寝付くことができないのです。

こんな症状に悩まされるのは、生まれから初めてでした。

私の体はどこかおかしいのではないかと悩めば悩むほど、ますます眠れなくなってしまうことの繰り返しでした。
こんな症状が毎日続いてしまうと夜になるのが、とても怖く感じました。

隣に寝ている主人を起こして抱きしめてもらおうかと何度思ったことか分かりません。

そんな辛い日々を過ごしていましたが、私の不眠症を改善してくれたのはクリニックのドクターでした。

あらゆる睡眠障害の改善効果を期待できる対策を試してきましたが、一向に良くなる気配はありませんでした。
しかし、クリニックのドクターのアドバイスを実践してみたところ、辛い症状が軽減されてきました。

不眠症には様々なタイプがあるそうですが、私は自分にとって適切な治療を受けるために自分の睡眠障害のタイプや原因を知ることから始めました。

そうしたところ、寝つきが悪くなってしまい寝る時間になっても入眠できない入眠障害や入眠困難であることが分かったのです。

このような症状が、私は1ヶ月以上続いてしまっていました。
私がお世話になったドクターによれば、不眠症と言っても人によってその中身には大きな違いがあるということです。

ですから、きちんと自分の睡眠障害のタイプや原因を知らなければ、不眠症などの辛い症状は改善することができないのです。

私は、辛い不眠症の症状を改善するために総合病院に足を運びました。
その後、より効果を期待できる睡眠外来や睡眠科などを利用しました。

プロのドクターに診察を行ってもらい自分に合った治療を行ってもらったことで、辛い悩みが解消されてきました。

なによりも安心できたのは、不眠の治療には必ずしもマイスリーなどの睡眠薬が必要ではなかったことです。

自分ひとりで悶々と悩んでいた時は、毎日が暗く明るい光が見えませんでした。
しかし、快適な毎日を取り戻すことができたので、力になってくれたドクターに感謝の気持ちでいっぱいです。

[Top]