マイスリーに依存しないためには

このサイトでは、マイスリーなどの睡眠薬に依存しないためのポイントとなる食事や飲み物、生活習慣の見直しなどを通して、辛い不眠から抜け出すための方法を出来るだけたくさんご紹介していけたらと思います。つらい不眠症や薬の副作用から解放されるきっかけになれれば幸いです。

Home - 未分類 - マイスリーに依存しないための対策法

マイスリーに依存しないための対策法

Posted on in 未分類

睡眠障害の主な原因は心理的原因、身体的原因、生活環境による原因、精神疾患による原因、薬物などによる原因と大きく分かれています。

心理的原因では物事の大小に関わらず、近しい人の死や仕事、人間関係の問題など心の不安、悩みなどが原因で起こります。

心理的原因の場合は問題点が分かるだけでも対策がとれます。
専門機関への相談、専門医への受診などで症状を回復、軽減させることができるでしょう。

身体的原因の場合も病気による苦痛で眠れない、何度も起きてしまうなど、こちらに関しても専門医やかかりつけ医に受診、相談することで症状を軽減できます。

生活環境の変化による原因の場合は、例えば時差ボケ、転居、夜勤、受験など通常とは違う環境によって起こります。
こちらに関しては環境に慣れていくことが大切ですが、無理せず睡眠環境を整えることからはじめると良いでしょう。

精神疾患による原因では専門医に受診し、適切な治療をしましょう。

薬物などによる原因はアルコール、過度なカフェインの飲酒や服用中の薬が原因で起こります。
こちらに関しても専門医に受診し、適切な治療をしましょう。

このように睡眠障害は原因とその問題になっていることが分かるだけでもかなりの症状の軽減、回復へと向かいます。

まずは何が原因で睡眠障害になっているのかを見つけましょう。
そして、どのような睡眠障害の症状なのかも知っておきましょう。

30分以上眠れない、何度も起きてしまう、早く起きてしまうなど症状によっても対策が変わります。

生活環境を整えたり、専門機関に相談したり、職場の変更や人間関係を変えるだけでも回復する場合がありますので、問題点を見つけ、自分自身で対策しケアすることもできます。

いずれの原因にしても主にストレスが原因となります。

マイスリーやハルシオンなどの睡眠薬に依存しないためにも、日頃からセルフケアとして本を読んだり、リラックスする時間を設けたり、何かに集中する時間を設けウォーキングなど適度な運動をするなど対策をしておきましょう。