マイスリーに依存しないためには

このサイトでは、マイスリーなどの睡眠薬に依存しないためのポイントとなる食事や飲み物、生活習慣の見直しなどを通して、辛い不眠から抜け出すための方法を出来るだけたくさんご紹介していけたらと思います。つらい不眠症や薬の副作用から解放されるきっかけになれれば幸いです。

Home - 未分類 - マイスリーに依存しないための生活習慣を知ろう

マイスリーに依存しないための生活習慣を知ろう

Posted on in 未分類

現代は中高年以降の人だけでなく、若い年代の人も寝つきが悪いなどの睡眠障害で悩んでいる人が大勢おられます。

睡眠障害を予防したり、改善するためには規則正しい生活を心掛ける必要があります。

朝は食欲がない人が多いため、朝食を抜いてしまう人が多いですが、昼食や夕食を食べすぎる傾向があるため、食欲がない時でも野菜ジュースやサラダぐらいは食べたほうが良いでしょう。

特に夕食を食べすぎてしまうと、胃腸の働きが活発になってしまい、寝つきが悪くなってしまうので、夕食は軽めしておく必要があります。

ビタミンB群やカルシウム、亜鉛などのミネラル成分を多く含んでいる食品を食べるようにしたり、血流を促進するビタミンEやビタミンCのサプリメントを補うのもお勧めしたいです。

慢性的な不眠に悩まされている人は、マイスリーなどの睡眠導入剤を服用している人が多いですが、長期的な服用は副作用などが心配な人がほとんどです。

なるべく自然に眠れるように、生活環境を整える必要があります。

特に寝室の環境には十分に気を配る必要がありますが、部屋の温度が高すぎたり、低すぎると眠りが浅くなってしまいます。

部屋の湿度は一年間を通して50パーセント前後にしておいたり、部屋の照明が明るすぎないか、確認をしておく必要があります。

現代は省エネで環境に優しいLEDを使用した間接照明が数多く販売されていますから、じっくりと比較してから選ぶと失敗が少ないです。

入浴後は喉が渇いてしまう人が多いですが、カフェインを含んでいる飲料は避けて、ホットミルクや水素水、温かいハーブティーなどを飲むと良いでしょう。

入浴後すぐよりも30分から40分ぐらいして、体温が下がってきた時は、寝つきやすいので、体を締め付けない下着類やパジャマを着用して、床に着くと眠りやすくなります。

現代は夜型の生活をしている人が増えていますが、睡眠のリズムが乱れてしまうため、早寝早起きの習慣を付ける必要があります。