マイスリーに依存しないためには

このサイトでは、マイスリーなどの睡眠薬に依存しないためのポイントとなる食事や飲み物、生活習慣の見直しなどを通して、辛い不眠から抜け出すための方法を出来るだけたくさんご紹介していけたらと思います。つらい不眠症や薬の副作用から解放されるきっかけになれれば幸いです。

Home - 未分類 - ストレスや疲れによる睡眠障害をヨガで改善

ストレスや疲れによる睡眠障害をヨガで改善

Posted on in 未分類

なかなか眠れない、夜中に目が覚める、そんな症状はないでしょうか。

眠れないとストレスや疲れが蓄積して、頭痛やめまい、食欲低下につながります。

私たちが眠るのは、脳を休息させるためだといわれています。

人は人生の3分の1もの時間を寝て過ごし、その間にレム睡眠とノンレム睡眠という2つの睡眠リズムを繰り返しています。
ストレスによってリズムが崩れると、快適な睡眠が得られません。

結果的にはマイスリーやハルシオンのような睡眠薬に頼る生活になってしまうかもしれません。

そんなときにオススメなのがヨガです。

ヨガは、深い呼吸をしながらゆっくりとポーズをとる運動です。
国内にたくさんの教室があり、初心者から上級者までレベルに合わせて通うことができます。

また、本やDVDでやり方を覚えれば、家で一人ですることもできます。

ゆっくりと筋肉を伸ばすことで血行が促進、冷えやむくみを改善することができるので、結果的に質の良い睡眠を得ることができます。

また、ストレッチ効果だけでなく精神的な落ち着きをもたらしてくれるので、ストレスを減少することができます。
今はまだ体がかたくても、続けるうちに無理なくポーズをとることができます。

ただ、ヨガだけ行えば睡眠障害が完璧に改善するということはありません。

眠る前にテレビやパソコンをだらだら見てしまう、そんな習慣はないでしょうか。
眠る前にテレビを見ることは覚醒効果があり、なかなか眠れない原因になります。

少なくとも眠る1時間前にはテレビを消すとよいでしょう。

眠りの妨げになる原因を減らしながらヨガを続けていけば、自分の心地よいライフスタイルを確立することができます。
急に変わることは大変なので「どうしても眠らなければ」と思いすぎず、まずは出来ること1つに挑戦してみましょう。

ゆっくりとポーズをとるヨガは、大きな負担にならないので最適です。

現代のライフスタイルは、パソコン・テレビ・ゲーム・スマホなどが不可欠で、不眠につながりやすい環境です。

ヨガにより、睡眠に重要とされる神経伝達物質セロトニンの量が増加させて、安眠生活を手に入れましょう。