マイスリーに依存しないためには

このサイトでは、マイスリーなどの睡眠薬に依存しないためのポイントとなる食事や飲み物、生活習慣の見直しなどを通して、辛い不眠から抜け出すための方法を出来るだけたくさんご紹介していけたらと思います。つらい不眠症や薬の副作用から解放されるきっかけになれれば幸いです。

Home - 未分類 - マイスリーに依存しないために毎日の食事は重要

マイスリーに依存しないために毎日の食事は重要

Posted on in 未分類

現代は仕事で長時間パソコンやタブレットを使用していたり、自宅でもテレビやゲームを楽しんでいる人が多く、交感神経が活発化してしまうため、寝つきの悪さに悩んでいる人が大勢おられます。

睡眠障害が長く続くと、集中力や気力、記憶力が低下する原因になりますし、家事や仕事に悪影響が出てしまい、悩んでいる人が少なくありません。

専門機関を受診してマイスリーやハルシオンのような睡眠薬を処方してもらう場合もあるでしょう。

睡眠障害を改善するためには、寝室の環境を整えたり、過度なストレスを溜めないことも大事ですが、毎日の食生活は大変重要になってきます。

朝は食欲がない人が多いですし、ダイエットのために食べない人が多いですが、朝食を抜いてしまうと、昼や夜に食べ過ぎる傾向があります。

朝食は少ない量でも食べるように心掛けて、昼間はしっかりと、夕食は軽めにすると良いでしょう。

ご飯やパンなどの炭水化物は人体に欠かせないですが、白いお米やパンよりも、玄米や雑穀米、胚芽パンなどのビタミンやミネラル成分を豊富に含んでいる主食を選んで下さい。

緑黄色野菜や果物、海藻類、脂身の少ない肉類やレバー、魚介類、大豆食品などをバランスよく食べる必要があります。

カルシウムは不足しやすい栄養素のひとつですが、不足すると精神的にイライラしやすくなるため、小魚や牛乳、ヨーグルトなどで補うと、心身を安定させる働きがあります。

緑茶やコーヒーなどのカフェインを含んでいる飲料は、集中力や気力を向上させる働きがありますが、寝つきが悪くなる原因になってしまうため、なるべく控えるようにして、ルイボスティーやたんぽぽ茶、ハーブティーなどを飲むようにして下さい。

秋冬の寒い時期になると、冷え性の人は寝つきにくくなる人が多いですが、蜂蜜やオリゴ糖を加えたホットミルクを就寝前に飲むと良いでしょう。

ホットミルクには、体を温めて心身をリラックスさせる働きがあります。

睡眠障害を改善するためには、体を温める玉ねぎやにんにく、ニラなどの野菜もお勧めしたいです。