マイスリーに依存しないためには

このサイトでは、マイスリーなどの睡眠薬に依存しないためのポイントとなる食事や飲み物、生活習慣の見直しなどを通して、辛い不眠から抜け出すための方法を出来るだけたくさんご紹介していけたらと思います。つらい不眠症や薬の副作用から解放されるきっかけになれれば幸いです。

Home - 体験談 - 必ずしもマイスリーが必要なわけではない

必ずしもマイスリーが必要なわけではない

Posted on in 体験談

私は、不眠症の睡眠障害に悩まされていました。
体は、疲れているのになかなか寝付くことができないのです。

こんな症状に悩まされるのは、生まれから初めてでした。

私の体はどこかおかしいのではないかと悩めば悩むほど、ますます眠れなくなってしまうことの繰り返しでした。
こんな症状が毎日続いてしまうと夜になるのが、とても怖く感じました。

隣に寝ている主人を起こして抱きしめてもらおうかと何度思ったことか分かりません。

そんな辛い日々を過ごしていましたが、私の不眠症を改善してくれたのはクリニックのドクターでした。

あらゆる睡眠障害の改善効果を期待できる対策を試してきましたが、一向に良くなる気配はありませんでした。
しかし、クリニックのドクターのアドバイスを実践してみたところ、辛い症状が軽減されてきました。

不眠症には様々なタイプがあるそうですが、私は自分にとって適切な治療を受けるために自分の睡眠障害のタイプや原因を知ることから始めました。

そうしたところ、寝つきが悪くなってしまい寝る時間になっても入眠できない入眠障害や入眠困難であることが分かったのです。

このような症状が、私は1ヶ月以上続いてしまっていました。
私がお世話になったドクターによれば、不眠症と言っても人によってその中身には大きな違いがあるということです。

ですから、きちんと自分の睡眠障害のタイプや原因を知らなければ、不眠症などの辛い症状は改善することができないのです。

私は、辛い不眠症の症状を改善するために総合病院に足を運びました。
その後、より効果を期待できる睡眠外来や睡眠科などを利用しました。

プロのドクターに診察を行ってもらい自分に合った治療を行ってもらったことで、辛い悩みが解消されてきました。

なによりも安心できたのは、不眠の治療には必ずしもマイスリーなどの睡眠薬が必要ではなかったことです。

自分ひとりで悶々と悩んでいた時は、毎日が暗く明るい光が見えませんでした。
しかし、快適な毎日を取り戻すことができたので、力になってくれたドクターに感謝の気持ちでいっぱいです。