マイスリーに依存しないためには

このサイトでは、マイスリーなどの睡眠薬に依存しないためのポイントとなる食事や飲み物、生活習慣の見直しなどを通して、辛い不眠から抜け出すための方法を出来るだけたくさんご紹介していけたらと思います。つらい不眠症や薬の副作用から解放されるきっかけになれれば幸いです。

Home - 未分類 - 睡眠障害を軽減するには生活習慣の見直しから

睡眠障害を軽減するには生活習慣の見直しから

Posted on in 未分類

睡眠障害とは、睡眠に関する病気をまとめたことをいいます。

睡眠障害の中でも、睡眠時無呼吸症候群は自分で自覚のない方が多い障害です。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に喉の気道が周囲の組織に圧迫されて呼吸が止まることです。
肥満の方や下顎の小さい方や脳からの呼吸に関する命令の乱れ等が原因とされています。

睡眠時無呼吸症候群を改善しなければ、高血圧や心筋梗塞の原因になったり重病化する恐れもあります。

生活環境を180度すぐに変えることはできませんので、生活習慣の中から少しずつ改善していくことが大切です。

しかし生活習慣の何が悪いのかどのくらい減らせばいいのかという目安がわからない方も多いので、まずは食事やお酒の量、運動の量などを1週間記録として残していきます。

そうすると大体の量がわかってきますのでその量をまずは3分の1でも、4分の1でも減らすことを目標にします。
1日の摂取量の上限を決めることで意識的にも飲みすぎたなという感覚ができますので、その量になれるまで続けます。

慣れてきたらまたその量を3分の1減らして行くというふうに時間はかかりますが徐々に慣らしていくと、肥満の解消にもなり睡眠時無呼吸症候群の改善へとつながります。

お酒を飲まないと寝られなかったという方でも今までよりは少しの量で眠れるようになれば、眠りの質も改善されますので翌日の体調にも変化が出て、体を動かすことも苦にならなくなります。

生活習慣を少し変えるだけでも体調の変化があれば今までよりも活発に動くようになります。

まずは眠りの妨げとなっている要因の根源を見つけてそれを時間をかけて改善することが大切です。

生活習慣は若い頃から身に付いたものなので体の衰えがでててもお医者様に言われたり、健康診断で引っかかったという時にしか改善しないものです。

生活習慣の乱れからくる睡眠障害から、マイスリーなどの睡眠薬に依存するケースも少なくありません。

若いうちから正しい生活習慣で生活することで年齢を重ねても睡眠障害や健康についての悩みは軽減できます。
日頃からの生活習慣を今からでも考えてみてください。